現在の位置 : ホーム > 旬の情報 > HOTなお知らせ > 千代田の祭 川せがき

CHIYODA AREA

千代田の祭 川せがき

 千代田の祭川せがきは古く140年以上の歴史を持つ伝統のある祭りです。僧侶の読経と燈ろう流し(川せがき)を中心に、打ち上げ花火、民踊流し等、各種催しが行われます。川面に映る燈ろうの灯と利根川に向けて打ち上げられる水中スターマインが、夏の夜を彩ります。
 燈ろう流しは大河に面した町ならではの祭事であり、僧侶の読経に合わせ、川面を静かに流れていく燈ろうを眺めながら厳かに精霊を送る幻想的な光景は一見の価値があります。

2018.8.18

2017.8.18

川せがきの由来

 赤岩村(現千代田町大字赤岩)の「かぶと屋」という豆腐店に、倉吉という誠実な男が番頭として働いていましたが、明治10年8月18日利根川に投網を打ちに行き、あやまって水死してしまいました。この知らせを聞き驚いた「かぶと屋」の主人は、早速、赤岩光恩寺の住職と相談し、倉吉の霊を供養しました。これが川せがきの始まりといわれています。

千代田町のホームページで詳細を見る
千代田の祭 川せがき(千代田町役場ホームページ) 

千代田町みどりちゃんチャンネル公開

みどりちゃんチャンネルフェイスブックページとユーチューブに「いいね!」「チャンネル登録」をお願いします。

千代田町みどりちゃんチャンネル・Facebookのページ(Facebookのページが開きます)

みどりちゃんチャンネル千代田町公式動画チャンネル・YouTubeのページ(YouTubeのページが開きます)