現在の位置 : ホーム > > サクラソウ > 新里のサクラソウ

KIRYU AREA

新里のサクラソウ

新里のサクラソウ

サクラソウは主に標高450m付近の鏑木川上流やその支流に自生しており、毎年4月中旬~5月中旬に紅紫色の可憐な花を咲かせます。その様子は、まるでピンクの絨毯を敷いたかのような見事な眺めであり、多数の見学者の目を楽しませてくれます。平成8年3月に赤城山字舟原地区約1,600㎡の自生地が県の天然記念物に指定され、平成12年には、国道353号線沿いにサクラソウふれあい公園がオープンしました。そこでは、自生と移植されたサクラソウを見ることができます。サクラソウは、サクラソウ科の多年草です。花弁は、紅紫色で5つに裂け、さらにその1つの花弁の中央に浅い切り込みが入っています。雄しべは5個で、雌しべは1個あり、株によって長いものと短いものがあります。

市町名

桐生市
(新里町赤城山字舟原、畑平、板橋字西窪)

開催日時 サクラソウふれあい公園:4月中旬~5月上旬
自生地:5月上旬~5月中旬
会場 公園:桐生市新里町板橋地内
自生地:桐生市新里町赤城山地内(群馬県指定天然記念物)
料金 無料
駐車場 公園:約20台 無料
自生地:約30台 無料
問合せ先 桐生市新里支所地域振興整備課
電話:0277-74-2217
詳細情報 桐生市役所ホームページ(自生地公園